ページ

2014年4月22日火曜日

中野区学生議会最終発表会

2月から開始した中野区学生議会も最終発表会という一つの山場を迎えました。この日は中野区内外より多くの参観者が来場しました。

最終発表会は1チームが持ち時間10分で政策を発表し、それを会場の全員が審査し投票するという仕組みです。



チーム「AIUEY」
まず1チーム目はチーム「AIUEY」です。
AIUEYでは学生の力を行政に活用する「学生インフォーマーズ制度」を政策として発表しました。中野区学生議会の趣旨に沿った、学生を重視した政策です。

チーム「クルトン中野」
2チーム目は「クルトン中野」。このチームは中野をアニメの聖地化してPRしようという政策を発表しました。他地域の事例をよく参考にして緻密な発表を行いました。

チーム「イケ澤」
3チーム目はチーム「イケ澤」。まちづくり事業用地活用についての政策を発表しました。区の用地を区民目線で有効活用するという、新しい市民参画の形の提案です。

チーム「Develop "men's"」
4番目のチーム「Develop "men's"」では防災に強い街を掲げる政策を発表。木密地域、空き家問題について、チーム内でよく連携した発表を行いました。

チーム「五輪」
最後の発表、チーム「五輪」は東京オリンピックを念頭に、外国人観光客の誘致政策を発表。無線LAN整備、スマートフォンアプリの整備などの具体例を、わかりやすく発表しました。