ページ

2014年6月17日火曜日

【参加者募集】若者と地方議員の気軽な交流会「Voters Bar」3連続開催! 6.25@京都 7.2@横浜 7.5@松山

6月末から7月頭にかけて全国3か所でVoters Barを開催します!!

各地での協力してくださる方とともに、作りました。
同じ街の若者・議員で、飲んで語って大いに盛り上がりましょう!

ふるってご参加ください!!

YouthCreate代表原田も全イベントに行きます!


6.25@京都 7.2@横浜 7.5@松山 3連続開催です!!


各地の詳細は以下より


Voters Bar in 京都(6月25日水)


同志社大学の学生有志との共催です。
~政治とキャリアの関連性~に着目した新しい切り口です!

【日時】:6月25日(水)18:30~21:00
【会場】:知るcafé同志社前店 (京都市営地下鉄今出川駅4番出口徒歩2分)   〒602-0033 京都市上京区今出川通室町東入今出川町313 SAKURA BLD.今出川II 2F
【参加費】:学生 300円 社会人 600円
【定員】:約30~40名
【プログラム】
1.オープニング
2.プレゼンテーション
キャリアコンサルタント:株式会社リンク・アイ 岡田有生氏
 ~政治とキャリアの関連性~
  ⇒学生にとって喫緊な将来である就活と政治経済の関連性に触れることで、
   将来をより深く考える糸口にして頂きたいです。
3.交流会
 議員自己紹介
 議員との交流
   政治・経済のことに留まらず、大学のことや就活のことに至るまで
   気軽にお話をしてみてください。
4.フリータイム
  ご自由に交流してください。
【参加議員】
国本ともとし氏(公明党・左京区・2期目)
佐々木たかし氏(京都党・中京区・1期目)
鈴木マサホ氏 (民主党・左京区・7期目)
とがし豊氏  (共産党・左京区・2期目)
椋田隆知氏  (自民党・南区・1期目)
(アイウエオ順)
【主催者】
同志社大学有志
NPO法人YouthCreate

詳細はこちらより
申し込みはこちらより



Voters Bar in 横浜(7月2日水)

2014年6月13日金曜日

【開催報告】第2回Youth THINK 若手社会人・学生が知っておきたい年金のこと

新企画、Youth THINKの第2回を5月29日に開催しました。

YouthCreateにしては結構真面目な企画。


「第2回Youth THINK 現役官僚と話そう。若手社会人・大学生が知っておきたい、年金のあれこれ」

知りたくても聞けなかった、ニュースでみるあの話題。
話したくても相手がいなかった、生活に関わるあの制度。
そんな悩みを解決する場を作り、みんなで考えてみませんか。

Youth THINKの狙い

・官僚の方と参加者の方の接点を作ること
 政治家と立場は違いますが、日本の社会を支えている官僚の方々。
 もしかしたら、政治家以上に一般の人にはなじみの薄い方々かもしれません。
 政治家と違って街頭演説もテレビ出演もしませんから。
 
・政策や日本の現状について知識を得、ともに考える。
 YouthCreateのミッションの一つに、「政治の知識を高める場を作ります」とあります。
 官僚の方と直接話し、同世代同士話合いながら、知識を高める場を作りました。
・有権者の声を行政に届けること
 Youth THINKは何でもありの場です。
 政府の行っている政策への賛否をなんでも言っていい場です。
 有権者の生の声を行政に届ける場として作りました!
第1回は「税と社会保障」をテーマに行い、盛り上がりました!
第1回の様子はこちら

当日の流れ

YouthCreateと共催の企業間フューチャーセンターから、
今日の趣旨の説明。
真面目なテーマだけど、固い場ではないから、
リラックスして、ワイワイと語ろう!と伝えました。
参加者は5人ずつぐらいの計4グループにわかれ、各テーブルに財務省の方も入り、
自己紹介タイム。
そのあとは、「年金」に関するクイズ。
参加者が自身の年金に関する考えやイメージを書き出します。
そして、いよいよ財務省の担当の方からのレクチャーの時間です。
この日のために作っていただいた資料をもとに話をしていただきます。
参加者も興味津々!!レク担当の方も声に熱がこもります。
合間合間に、ネタも入れてくださったので、笑いも入りながらの時間。
レクに関して、自分からコメントと質問をさせていただきました、
その後は各テーブル内でのワールドカフェ。
ワールドカフェはグループを入れ替え計2ターン行いました。
参加者同士が意見をいいつつ、、テーブルの上の模造紙にどんどん考えをまとめていきます。
話しの中での知識的な疑問点は各テーブルについている、
官僚の方に聞きます。
1ターン目は「あなたは年金を支払っていますか?それはどうしてですか。また、日本の年金制度の良いところと悪いところを挙げるとすればなんでしょう。」2ターン目は「あなたはこの年金制度にどのように関わっていきますか。 
参加者からは