ページ

2015年12月22日火曜日

【参加者大募集】1月15日(金) 第2回Voters Bar in静岡  ~静岡のこれからを考える~

どうも、YouthCreateの黒川です。
先日大学の友達と伊豆の堂ヶ島というところに日帰りでドライブに行ってきました。
残念ながら富士山は雲をかぶっていて見られなかったんですが、
海岸沿いの露天風呂からの夕日が超絶きれいでした。

さて、そんな僕にとってはタイムリーな静岡県で年明けにイベントをやります‼
新年初イベントにいかがですか?

|Voters Bar in静岡 ご好評にこたえて2回目の開催!

※会場がグランシップへと変更しました‼
 詳しくはイベント詳細へ
 
「政治家ってどんな人?」
テレビや新聞、近所や街中で聞く選挙演説。
身近なところにいるようで、イマイチ何をしているのか分からない政治家たち。
遠い存在だから興味も関心もない、そんなあなたに私たちがぜひオススメしたい、「飲み会」があります!

その名も、『Voters Bar in 静岡』!
 




高校生から社会人までの「若者」と、「政治家」が気軽に交流できる場を設けたい!
という思いから生まれた飲み会。
もちろん、政治に関心のある方のご参加も大歓迎!
普段の私たちの生活とは少し遠い「政治家」の方々と、
「お酒や食べ物を片手に語れるくだけた場」という私たちの生活に近いものを通して交流をしようという会です。
日本酒片手に政治家と恋バナを、なんてことも、
お菓子を食べながら政治家と静岡の未来を、なんてこともできちゃうかもしれません。 

全国各地で展開するVoters Bar
実は記念すべき第20回は今年の3月に静岡で開催しました。
前回一緒に開催してくださった「SophyDia」さんから
「もう1回やりましょう‼」といううれしい提案をいただき再び静岡の地で開催します

 政治と出会う初体験してみませんか? 

 
https://docs.google.com/forms/d/1YhZJ4dbfcnxwVR4fDVPqpnTzFeSAnz2CvQXTDYir6vY/viewform
  

|イベント詳細

日時:1月15日(金) 18:30〜21:30
会場:グランシップ (JR東静岡駅南口より徒歩3分)
参加費:高校生 500 円
     大学生 1500円
     社会人 2000円
     議員 2000円
定員:30名程度
※30歳以下の方のご参加でお願いいたします。
※軽食と飲み物(お酒・ソフトドリンク)をご用意しております。
※未成年者は飲酒できませんので、ご注意ください。
タイムテーブル:
18:30 開会のあいさつ
18:35 議員自己紹介
18:45 アイスブレイク
19:05 ワールドカフェ
    →静岡の街の魅力やこれからついて話してみましょう‼
20:10 フリートーク
    →お酒を片手にいろんなことを語り合いましょう‼
21:20 閉会のあいさつ
21:30 解散
 ※より良いイベントにするためにプログラムが変更することがございます。

|参加議員

※50音順

白鳥実議員(静翔会・4期目・60歳)
「まっすぐに・ひたむきに」をモットーに
自分たちの町を自分たちのアイデアと判断で発展させるために日々奔走中


丹沢卓久議員(自由民主党・3期目・44歳)
Facebookで頻繁に自身の活動などについて投稿している。
台風による被害を受けたフィリピンに義捐金・募金を届けに行った経験もある。


寺尾昭議員(日本共産党・2期目・71歳)
 静岡県職員として主に農政・土木に38年間携わってきた。
 「税金の使い方を市民本位に」の思いを胸に市民生活に切実な問題の前身を図る

 松谷清議員(緑の党・5期目・64歳)
静岡市を世界に誇れる魅力都市にするために奔走中。
「私はぶれない、私はひるまない」

山梨渉議員(公明党・1期目・39歳)
中学校で先生をしていた経験を持つ。
「すぐ行く!すぐやる!」をモットーにみんなが幸せになれる街づくりのために活動中。

 
 
 
https://docs.google.com/forms/d/1YhZJ4dbfcnxwVR4fDVPqpnTzFeSAnz2CvQXTDYir6vY/viewform
 
 

|主催団体情報

SophyDia> https://www.facebook.com/page.SophyDia/
「Sophisticated societies through dialogues among adults and youths
―わかものと大人の対話を通して成熟した社会を希求する」をモットーに活動する団体。
代表:斉藤亮太 

 
NPO法人YouthCreate> http://youth-create.jp/ 
「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動をしているNPO法人。
「若者が政治に主体的に関わること」「若者を社会の担い手の一人とする仕組みづくり」を目指す。
代表:原田謙介
東京大学在学時の2008年4月に20代の投票率向上を目指し「学生団体ivote」を結成。2012年3月に大学卒業後も、「政治と若者をつなぐ」をコンセプトに活動を続けNPO法人YouthCreateを設立。
元内閣府子ども・若者育成支援推進点検・評価会議委員、「One Voice Campaign」発起人
 
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

2015年11月24日火曜日

【実施報告/高島高校で「公園をつくろうワークショップ」を実施しました!】

【実施報告/高島高校で「公園をつくろうワークショップ」を実施しました!】 
 
こんにちは。インターンの久保田です。

11月13日と17日に都立高島高校で、
今後授業内で行う大阪府知事選・市長選(今月22日投開票)の模擬選挙実施に先駆け、 
「公園をつくろう」というグループワークを用いた授業を行いました。

高校3年生の公民の授業として事前学習から模擬投票までを
計3コマかけて実施する中の1コマを、
今回は出前授業として代表原田が公民担当の先生から依頼を受け、
4クラスで講師を務めました。
 
 
○みんなで「公園づくり」 
 
今回の授業は、架空の街に新たな公園ができるという設定の下、
中学生、子を持つ母親、お年寄り、商店主、近所の人、
と5つの役割に分かれました。

生徒はそれぞれの立場になりきってワークを行いました。

最初に一人一人で理想の公園を考え、その後、班の中でそれぞれの意見をシェアします。
立場が異なると、公園に求める意見が相反することもありましたが、 
 
その後、あらかじめ配布された公園の図をもとに
「合意形成」という民主主義の機能を体験しながら一つの公園をつくりました。

完成した公園には
お年寄りのためにスロープがついたり、
商店街の目の前に公園の入り口ができたり、
駐輪場が増えたり、自動販売機ができたり、フェンスができたり…


○選挙以外の政治もあるんだ! 
 
公園つくりの後は原田から 
東京都中野区の本町5丁目公園(来年3月完成予定)では、  
住民と行政との意見交換会で出た要望をもとに、
自転車の駐輪スペース増設が決まった例が紹介されました。 
 
選挙以外の政治参画を学んだ生徒たちからは  
「政治はなんとなく遠いところで動いているとしか思っていなかったけど、
公園など身近なものも政治に関わっているとわかったので
近くでも動いていることが実感できた。」 
 
「国会で話し合うだけが政治ではなく、
今回の授業のように公園をつくることも政治の一つだと思うようになった。」 
 
と感想が寄せられました。


 
 
 
 ○海外の事例紹介

ここで、少し視点を変え、海外での政治の事例をクイズ形式で紹介しました。
 
オーストリアでは選挙権が16歳以上に与えられていることを知っている生徒が
どのクラスにも一人はいて、私は驚きました。
 
スウェーデンでは選挙時に候補者のいるおしゃれな小屋が建てられ、
そこでは市民が自ら候補者のもとに向かい、意見を交わすことができます。
 
これには高校生も「知らなかった!とても良い!」と声をあげていました。




○最後に
 
原田から
「18歳選挙時代は若者の力が社会に求められている。みなさんの力が必要です。」
とメッセージが伝えられ、授業は終了しました。

生徒からは
「自分たちもどんどん政治に介入していけると知れたので、
来年の選挙には自分の意見を持って臨みたい。」
という決意も聞かれました。


 
代表原田の存在も印象的だったようです!
「政治」と言うと難しく、遠く感じてしまう人も、
自分の街のことから身近に感じてもらい、積極的に参画してもらえたら、と思います。 
元気な高校生にパワーをもらいました!

今回、このような機会をくださった高島高校の大畑先生をはじめ、
関係者の皆様に御礼申し上げます。


YouthCreateインターン 久保田彩乃
 
 
 
 
 
 
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

2015年11月20日金曜日

【開催報告】Voters Bar in四日市 11月15日に開催しました。

こんにちは。YouthCreateの妹尾です。
YouthCreateの月例会後、弾丸で三重県四日市にいってきました!
弾丸すぎて化粧する時間が無かったのは秘密♡トンテキもなが餅も美味しかったです!







さて、今回は三重県四日市市で開催しました。
四日市市の地方ブランドとコミュニティづくりを行う団体『I Love 地元』との共同開催で行いました。場所は・・・なんとフットサルコート!!!

Voters Barとしてもはじめての試み
議員と一緒に汗を流すなんて、なかなか無い経験ですよね。
参加したみなさんもいつも以上に地方政治を身近に感じていただけたのではないでしょうか。


イベントの流れとしては
・参加者と議員が政治や街について考えるグループトーク
・四日市市議によるパネルディスカッション
・交流会
そしてフットサル
を行いました。

せっかくのフットサルコートでの開催ということで・・・じゃじゃん!

キックターゲット!

イベントの流れ

<1>グループトーク

グループトークがはじまる前に、参加者全員でパスまわし&自己紹介。
そして本題のグループトーク。
お題はもちろんキックターゲットで!

「政治のイメージ」

2015年11月16日月曜日

【開催報告】Voters Bar in宇都宮 11月5日開催しました。

こんにちは、YouthCreateの黒川です。
友人との日光&鬼怒川旅行からの翌々日にVoters Bar in宇都宮、更に翌週に佐野アウトレット
という完璧なコンボを決めてテンション上がってます。
レモン牛乳も3回飲みました(笑)
栃木県に移住しようかな・・・

さて、今回は栃木県宇都宮市の開催で、北関東地方では初の開催です‼
Active Citizen Platformと宇都宮にかかわる学生・若手社会人の方との共催でした。
場所は宇都宮大学峯キャンパスで、広い校内に車が行きかう風景が新鮮でした。

イベントの流れは、アイスブレイクを含むオープニングの後に
・宇都宮市議会議員の方によるパネルトーク
・若者と議員が話し合うワールドカフェ
・立食形式での自由交流
の3部構成でした。
 

|イベントの流れ

<1>オープニング
イベント冒頭に、場の空気を温めるアイスブレイクということで「5秒フォト」を行いました。
司会の出したお題について、5秒考えてから体を使って表現するというものです。
最後のお題に「宇都宮」を出したのですが、皆さんの予想以上の宇都宮愛を感じました。
有名な餃子に関係するものやカクテル、サイクリングなど、思い思いの宇都宮を表現してました。 
<2>パネルトーク
参加いただいた宇都宮市議会議員の方に登壇いただいてのパネルトーク。
政治家になった理由や政治家の面白さ、自分の目指す宇都宮など色々な話をしていただきました。
目指す宇都宮像に関する話では、市民全員で宇都宮を作っていく、そんな街にしたいという意見が多かったのが印象的です。
写真でもわかる通り議員同士で仲がいいですが、議会では激しく論を戦わせてるそうです。 意外に思えますが、むしろ良い関係があるからこそ忌憚なく議論ができるのかもしれませんね。  
<3> ワールドカフェ
若者と議員が同じグループに入ってワイワイと意見交換をしました。
お題は、「最近気になっているニュース」「政治・政治家に対するイメージ」
「若者と政治がつながるには」の3点 

 最後のテーマでは、
ふらっと立ち寄れば、政治家と飲める居酒屋があったら面白い
政治家の方から若者にアプローチしてほしい
候補者のマニフェストの形式を統一してもっと比べやすくした方がいい

などの意見が出ました。
面白い‼
  
<4>自由交流                                                      中央テーブルのドリンクと食事を囲みながらの自由交流では、
会場のあちこちで時には真剣な顔で、時には笑いながら交流を楽しみました。
 
いま市議会でホットな話題は?
LRT(新交通システムの名称)ってホントに必要なの?
将来結婚して子どもも欲しいですが、仕事も頑張りたいですよね。

など、政策に関する話から将来の生活の話まで色んな話ができました。

そして最後に記念写真を一枚

|参加議員紹介

参加いただいた宇都宮市議会議員の皆様のご紹介 
 
郷間康久議員
市議会以外にも様々な活動をされているそうです。(軸足は議会活動とのこと)
市民全員がかかわるまちづくりが重要であると強調されていました。
福田久美子議員
今回最ベテランの5期目の議員さんです。
若者を含む有権者の声に真摯に耳を傾けることの大切さを訴え、若者の意見に笑顔で耳を傾けてくださいました
福田智恵議員
様々な問題について、人と人のつながりを見直すことの大切さを訴えていました。。
政治の身近さを多くの人に気づいて欲しいとのことです。
山崎昌子議員
主婦生活から一転、市議会議員としての活動を始められた議員さんです。
政治を身近に感じるには、日ごろから自分で考えて選択する経験を積むことが大切だと、例を交えながらお話ししてくださいました。
 

|イベントを終えて

イベント全体を通して、参加者と議員がとてもフランクに話ができたと感じています。
終盤には、お互いに下の名前で呼び合う場面もありました。
多くの方に政治を身近に感じてもらえる場にできたかなと思います。

宇都宮市周辺では若者が中心に活動している団体やつながりが多く、アツい街でした。
そんな活動がどんどん広まって、その興味が政治という場に少しでも向いてもらえると面白いことになるんじゃないか、と感じました。
就活戦線を終え、久々に開催に携わったVoters Barでしたが、これからもより多くの地域で開催していきたいです。

最後になりますが、Voters Bar in宇都宮開催に当たっては多くの方のご協力がありました。
実行委員会代表としてイベントを引っ張ってくださった、Active Citizen Platform の渡邊さん。
栃木スタッフとしてイベントを創り上げてくれた、学生・社会人スタッフの皆さん。
施設管理者として夜遅くまでお世話になった、宇都宮大学地域連携教育研究センターの大森様。
そして当日足を運んでくださった議員・参加者の皆様。
イベントに関わってくださったすべての方に、心より感謝いたします。
 
では、またどこかのVoters Barでお会いしましょう‼ 
  
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

【開催報告】東京都、中野中学校での模擬選挙



YouthCreateでは18歳選挙権の実施に向けて、中高生向けのプログラムの実施を進めています!
先日は、東京青年会議所、中野区選挙管理委員会と協力し、事務所のある中野の、区立中野中学校で模擬選挙を実施しました!
何年後かに訪れる、大事な1票を投じる瞬間。
その瞬間を中学生に体験してもらいました。

いつもと違う雰囲気にみんな緊張した様子からスタート
まず、はじめに授業の説明から!
今回の模擬選挙のテーマは…“公園”!!
三者三様の地域の公園の整備計画を持ち寄った三人の候補者。
まず1人目が目指す公園は、親子で楽しめる公園。
遊ぶ子供と見守る親にむけて、地面の芝、フェンス代わりの樹木、屋根付きのテーブルとベンチを整備するようです。

そして2人目は、なんと!遊べる公園!
野球サッカー用グラウンドにナイター設備、大型遊具を整備し、徹底的に“遊ぶ”ことにこだわる公園を目指すようです。
最後、3人目は、硬派!災害に強い公園!
ソーラー発電の街灯、災害用トイレと食料備蓄、屋根付きベンチを整備し、災害時に市民を守る公園をつくるようです。
上3人の候補者による演説を実際に聞いて、
どんな公園を望むのか、考えを整理し、そして、悩む。
いよいよ実際の投票用紙と投票箱を使っての投票タイム!
選挙管理委員会の方による集計の間に、
次は、グループディスカッション、“隣の友達は何を考える?”
どんな基準、選び方で候補者に投票したのか、考えをグループでシェア。
同じくらい生きてきて、同じ中野区で、毎日同じように学校に通っている、隣の友達とでも、違う考えが生まれる。そんな体験をしました。
 そして緊張の結果発表では拍手が起こりました!
結果発表の次は、選挙管理委員会の方による選挙に関する講話。
選挙のあれこれをみんな真剣に聞いていました。
続いて、次のグループディスカッション“色んな立場の意見を考えよう!”
自分の考えから少し遠ざかってみて、お年寄りや子育てママなどの立場に立ってみました。
その立場の人は、どのような人か?どのような公園を望むだろうか?自分と意見は変わるだろうか?
これも同じように考えをグループでシェアしてみました。
街には、色んな立場、境遇の人がいます。
もちろん、政治には多様な人が関わります。
その中で、多くのことを一度に決める選挙という瞬間があります。
そして、選挙以外でも、政治では、話し合い、説得、妥協を重ねる“合意形成”が行われています。
2016年からの、18選挙権時代!
若者の声、そして力が求められています!
というメッセージをみんなに伝えて、中野中学校での出前授業は終了しました!
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

2015年11月11日水曜日

【実施報告】11/4(水)都立国際高等学校で模擬選挙を実施しました。


11月4日(水)、都立国際高校で模擬選挙の実施に協力しました。 
目黒区内では、9月の駒場高校に引き続き2度目の開催となり、国際高校、目黒区選挙管理委員会、そしてYouthCreateの三者が協力しての実施です。 

|これが「本気の」模擬選挙! 


今回の授業は、選挙に関するレクと実際の記載台や投票箱を使用した模擬選挙、そしてグループディスカッションの3部構成。 


まずは、目黒区選挙管理委員会事務局の職員に方から選挙や投票の仕方について簡単なレクチャーから。




模擬選挙は、国際区という仮想区の区議会議員を選ぶもの。









それぞれ生徒自身に投票してもらいます。テレビ局や新聞、多くの見学者がいる中で、
「きっとこれ以上緊張する投票はこの先ないよ!」
なんて言われるくらい、とても緊張した雰囲気での投票になりました。

最後に原田のファシリテーションのもと、どんな視点で選んだのか?投票したポイントをグループで話しあってもらいました。



 

「この候補者は理想ばかりで現実味に欠ける!」

「経歴と政策が一致していると信頼できそう。」

など休憩時間から活発な議論が交わされていました。
YouthCreateでは、模擬選挙をお手伝いする際に、投票することで終わらせず、模擬選挙だからこそ可能となる投票後の相互の振り返りを行うようにしています。


他者の意見に触れることで、新しい視点を知り、より深い投票行動につながると考えています。
友達が誰に投票したのか、どんな意見を持っているのか実際の選挙ではなかなか聞くことが出来ない話を授業に取り入れることで、より面白く、深みのあるものに変わっていきます。


今回の授業では、授業を選択していない生徒さんも見学に来て、2コマの授業中、自分たちで課題に取り組んでくれていました。

|様々な形態の主権者教育を実践中!


YouthCreateでは、模擬選挙だけでなく、特にワークショップなど体験型のプログラムに力を入れて様々な主権者教育プログラムを提供しています。
学校の他、各種イベントでのワークショップもお手伝いしますので、お気軽にお問合せ下さい。












●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

2015年11月10日火曜日

【12/7(月)集え、若者!】大学生・若者と中野区職員の意見交換会

選挙権年齢が「18歳以上」へと引き下げられることとなりました。
より、若者の参画が進む社会、若者の力が活きる社会へ進んでいきます。



しかし、いきなり「あなたに選挙権が与えられました」と言われても、


候補者のことが分からない…

投票に行くのは面倒!

などなど投票に行かない理由はいくらでも見つかります。


中野区は、近年大学や、寮の新設によって「学生のまち」としてイメージされる機会も
増えてきました。

「大学生を中心とした若者のみなさんから政治や選挙についてのリアルな声がきいてみたい!」
そんな行政職員の方の要望に応えて、若者のみなさんと区の職員の方の意見交換イベント
を開催することとなりました。


2015年11月1日日曜日

YouthCreate設立4年目に入りました(代表の言葉)

代表の原田です。
本日11月1日をもってYouthCreateは活動4年目に突入しました。
(法人格取得は1月なのですこしずれますが)

そんなに周年イベントをやるタイプではないのですが簡単に4年目にあたっての抱負と、3年目の振り返りとお礼を書かせていただきます。
本当に簡単で恐縮ですが。。


選挙権年齢引き下げを発端とした若者と政治への関心の高まり

YouthCreateが一貫して行って来ている「若者と政治」に関する世の中の環境ががらっと変わろうとしています。その要因は「選挙権年齢の18歳以上への引き下げ」です。
あっという間に実現したこの変化に伴い様々な変化が生じています。
わかりやすいことであれば「高校を中心とした学校現場での教育の変化」。
YouthCreateにも出前授業の依頼が増え、個人的に学校の先生など教育関係の方との絡みが増えてきています。
また、年内には全高校生むけに「政治や選挙等に関する高校生向け副教材」が文科省・総務省から配布され、自分自身も執筆者の一人として関わりました。
また、その他にも「全大学生が投票に行ける」という状況になることを踏まえてか、大学の変化を感じることもあります。
また、社会全体として選挙権年齢引き下げを契機に「若者と政治」ということへの関心度が凄く高まっているタイミングだと思います。

何をするのか

引き続き、Voters Bar(若者と地方議員が街を語る場)・YouthTHINK(若者と官僚の交流の場)などは進めていきますし、全国に同様の企画を場所・回数ともに増やし浸透させていきたいと閑雅ています。
18歳選挙権に関しての学校現場を中心としたシティズンシップ教育も広げていきます。
ASK企画のようにインターネットなどを利用した新たな実践も増やします。

これらを進めつつYouthCreateの4年目は以下の3つのことの比重も高めていきたいと考えています。
・パパママ世代と政治をつなぐ活動
 これまでも何度か行っている企画ですが、お子さんをもった直後ぐらいで、物理的行政との接点 
 が増え、精神的に未来のことがこれまでもよりも気になる方々が政治・行政というものを自分事 
 かして考えられる術や場を作っていきます・

・一つの場所での多くのアクターを巻き込んだ集中的な実践
 これまでYouthCreateは全国色々な場で企画を行ってきましたが、単発のものが多かったことも事実です。今後少し方法を変えて、一つの地域で、その地域の多くのアクター(行政・政治・大学・民間・経済界など)を巻き込みながら「若者の参画が進む街」の実践を目指して動こうと思っています。
具体的にはYouthCreateの拠点がある東京都中野区。行政・大学・民間がともに動き出している岡山(県・市)あたりかなと。

・他団体の支援やさらなるアクターの養成
 YouthCreateなり自分なりがこれまで持ってきた知見をもとに、「若者と政治」に関わる全国の団 
 体や個人を強くすることができないかなと思っています。

2016年度につながる2015年度ののこり5カ月に

と、色々書きましたが今は2016年度の計画を練っている段階だったり、2015年度の残り5カ月を進めている状況です。
上記の3点につながる5カ月にします。
また、2015年度中に実施するYouthCreate設立以来の大企画もいま進行中で、
11月中には皆さんにお伝えできそうですので、お楽しみにしておいてください。

引き続き支援・協働・戒めをお願いします。

ありきたりな表現で恐縮ですが、3年目も多くの人にお世話になりやってこれました。
YouthCreateの理念に共感し、活動に可能性を感じている人がいて。
その気持ちに応えつつ、YouthCreateとしてすべきことを常に考えつつ、
進んでいきます!
メンバー一同頑張ります!!
 


2015年11月1日NPO法人YouthCreate代表原田謙介


<YouthCreateの活動を支援いただける方はこちらからどうぞよろしくお願いします。>


<YouthCreateの活動への参加に興味のある方はこちらからどうぞよろしくお願いします。>

<YouthCreateの今後のイベント情報などはこちらからご覧になってください>





●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●