ページ

2015年6月29日月曜日

【開催報告】第3回Youth THINK×財務省 2015 ~いま現代社会で知っておきたい「少子化対策」のこと~


財務省と共催の連続イベント企画、最後の第3回目。
学生チームの大城が、一参加者として楽しんできましたので、当日の様子をレポートしていこうと思います。

|第3回目のテーマは「少子化対策」


2060年には人口の約40%が高齢者になるといわれている日本において、大きなテーマである「少子化対策」。

言葉はよく聞くけれど、実際のところ少子化の今の現状や対策を把握しきれていない人は多いのでないでしょうか。

「少子化対策って厚生労働省の仕事じゃないの?」という参加者の声が上がりましたが、今回は「少子化対策」を、1回目の「税金」と2回目の「社会保障」の流れを引き継ぎながら、財務省による予算配分の視点で見ていきます。


最初に講師をしてくれたのは、財務省の田中さんこと”たなやん”さん。

「みなさん(主にはらけんさん)があだ名なので、ぼくもたなやんと呼んでください。」

という自己紹介から、「官僚」という響きにビビッていた私の心がほぐれます。(笑)

1. 少子化はどれくらい進んでいる?
2. 少子化でどんな影響がある?
3. 少子化に対する政府の政策は?
4. 財源は?

以上の流れに沿いながら、海外の事例やデータを引用しながら短い時間でざざざっとまとめて話してくださりました。


女性の社会進出の増加から見られるように、個という概念が非常に多様化し、結婚に関しても晩婚化やそもそも結婚をしないという選択をする人も増えています。

そのなかでも、政府として取り組んでいる「子どもを持ちたい人が持てない状況」を解消し、安心して子どもを生み育てることができるような環境を整えるための政策についてのお話がありました。

2015年6月23日火曜日

【7月11日(土)】Voters Bar × 川崎モラル第2弾「参加する街、川崎」

|Voters Bar協力プログラム@川崎開催決定!


政令指定都市20市の中で、非都道府県庁所在地の市では最大の川崎市。
人口減少が進む日本の中で、街の再開発と共に人口も増加し、住みたい街ランキングでも上位となり注目を集める川崎市。 
これまで東京に隣接する都市として中小企業を中心に「川崎モデル」と称されるほどに日本の経済を牽引してきた川崎市。
産業に続き、住みたい街・訪れたい街・誰かに伝えたくなる街としてシビックプライドに溢れる街にし、これからの日本の街づくりを牽引していきたい。 

4月11日(土)の第1弾「美しい街、川崎」に続き、第2弾として「参加する街、川崎」を7月11日(土)に開催します。テーマは「政治」。4月12日の統一地方選挙。川崎市議選の投票率は4年前より低下しました(※1)が、「投票率の低下=政治離れ」と端的に結論付けるのは違うと考えています。政治へのさらなる理解を通じて、私たちの街、川崎を一緒に考えませんか。そして、一緒に創りませんか。 

(※1) 2011年 46.11% → 2015年 41.98% (▲4.13pt) 


<開催日時等> 

【日時 】2015年 7月11日(土) 12:00-15:30 
【場所 】NAGAYAかわさき 
【参加費】2,000円 ※ランチ・プレゼント付き (※2) 
【募集 】30名
【申込み】http://kokucheese.com/event/index/305026/
【主催 】チーム「川崎モラル」(※3)・特定非営利活動法人YouthCreate 

(※2) 参加費には、ランチ・プレゼント代の他に、会場レンタル費用、備品代、ドリンク代等が含まれます。 
(※3) チーム「川崎モラル」には、川崎モラルに向けたフューチャーセッション第1弾「美しい街、川崎」の企画運営メンバーが携わっています。 


<当日のプログラム>

12:00-13:00
 ランチをしながらの自己紹介
 「川崎モラル」プロジェクトの概要紹介
13:00-13:15
 川崎市の投票率などの紹介
13:15-13:30
 YouthCreateの活動紹介
13:30-14:15
 川崎市議会議員によるパネルディスカッション
14:15-14:20
 休憩
14:20-15:10
 ワールドカフェ形式による気づき共有とアイデア創出
15:10-15:30
 グループ発表、及び、アクション宣言


「川崎モラル」のホームページ
http://kawasakimoral.jimdo.com/


●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

2015年6月4日木曜日

【開催報告】第2回Youth THINK×財務省 2015 ~いま現代社会で知っておきたい「社会保障」のこと~

第1回に引き続き、第2回も盛況のうちに終了。
イベントの様子をお知らせします!

第1回Youth THINK×財務省 2015 ~いま現代社会で知っておきたい「税金」のこと~
開催レポートはこちら→http://youthcreate.blogspot.jp/2015/05/1youth-think-2015.html

|第2回目のテーマは「社会保障」



進行する少子高齢化社会は日本の財政を圧迫し、特に医療や福祉といった社会保障における割
合が大きくなってきています。

社会保障は国民の生活を支える重要なもの。

あなたとわたし、多くの人がこのテーマを考えるために、私たちに出来ることは一体なんでしょうか?

まずは、本編の前に自己紹介とアイスブレーキングから。
今回のアイスブレーキングは、OECD諸国の「社会保障支出」と「国民負担率」の関係を記した図を見て、日本の現在地を予想してみよう!というもの。

いきなりちょっと難しい?

正解者はあまりいなかったようです(笑)

続いて第1部、現役若手官僚の方から

「社会保障費と負担について」
「税収と社会保障の関係」
「将来の社会保障費について」

などについてレクチャーをしていただきました。



第2部は、ワールドカフェ。
4つのテーブルに、財務省の官僚の方と参加者が交じり合い、

「社会保障の割合が増大する日本において、あなたが大切にしたいことはなんですか?」
「社会保障について感じたこと、考えたことを今後も誰かと考えていくためにあなたに
出来ることはなんですか?」

という2つの問いについて考えました。




最後は今日の気づきをポストイットに書いて、みんなでシェア。



多くの参加者が頭を悩ませ、モヤモヤしているようでしたが、

「大切なことは考え続けること」

という財務省の方の最後のメッセージをぜひ実践してもらえればと思います。

|次回はいよいよ最終回!

次回はいよいよ最終回。まだ若干名参加者を募集中です。興味のある方は、お早目にお申込み
ください!

◎6月10日(水)〜いま知っておきたい「少子化対策」のこと〜
第2回のテーマである「社会保障」の根底にも関わる「少子化」の問題。
漠然と「少子高齢化」が進むと大変だ!ということは分かっているけれど、子どもが減ることで
一体どんな問題が起こるのでしょうか?出産や子育てのしやすい環境づくりといった直接的な取
り組みから、現状を踏まえた成長戦略の話題なども絡めながら、大きな視点で考えていきます。
お申込はこちらから→http://youththink-mof2015-3.peatix.com/
【会場】 「3×3 Labo」(さんさんらぼ) 
日本ビル6階662区(東京都千代田区大手町2丁目6-2) 
【参加費】 1000円/各回  
懇親会に参加をご希望の方は、別途1500円/回頂戴いたします。 
【対象】 20代~30代までの学生、社会人の方 
【定員】 20名(先着) 
【スケジュール(各回共通)】
1.クイズ(アイスブレーキング)  
アイスブレーキングを兼ねた、テーマに関わる基礎クイズの実施 
2.各回のテーマに関するレクチャー  
現状や課題を理解し、ワールドカフェでの意見交換につなげるためのレクチャーを財務省の現役
官僚の方にご協力いただき実施。 
3.参加者によるワールドカフェ  
4テーブル程度に分かれて、参加者と現役官僚混合でのワールドカフェを実施(計2回)。  
テーマについては東実をお楽しみに。
4.まとめ  
キャッチフレーズ作成:各テーブルの意見交換をもとに、各回のテーマについてまとめて発表  
個人での振り返り:各個人でイベントを振り返って気づきをポストイットに書き、貼り出す。 

同会場での懇親会(希望者のみ) 

【主催】 NPO法人YouthCreate 
【共催】 財務省、一般社団法人企業間フューチャーセンター 
【協力】 エコッツァリア協会
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

【70年ぶりの大改正:選挙権年齢が18歳へ】

【70年ぶりの大改正:選挙権年齢が18歳へ】
選挙権年齢を18歳以上へ引き下げる公職選挙法の改正案が、
さきほど衆議院で承認されました。
参議院での議論を残しますが、ほぼ間違いないく、来年夏の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上へと引き下げられます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150604/k10010102901000.html
「若者と政治をつなぐ」ための活動を行っているYouthCreateとしては、若者が意見を伝える機会と権利が増えたことは嬉しいです。
同時に、この機会を逃さずに「民主主義の担い手」としての若者を育てていく必要があると感じています。
YouthCreateは身近な地域の社会・政治と触れることが必要だと考えています。

中学生・高校生・大学生、そして若手の社会人、パパママなどに向けた様々な企画をYouthCreateでは持っています。
現在は特に学校内での企画の実施に力を入れている所です。
学校や行政関係者で「有権者教育の実施」に興味のある方はぜひ連絡ください。
もちろん、それ以外の方もお気軽にどうぞ。

また、イベントの企画側としてYouthCreateで共に活動してくれる仲間も募集中です。
興味ある方はぜひに!
YouthCreate代表原田謙介


●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

【開催報告】第4回YouthCreate Talk! 教育×政治 ~18歳選挙権実現間近。地域で学生が考え、体験し、学ぶ政治~

|YouthCreate Talk!とは?

国や行政も必死になって、若者の政治離れを食い止めようとしています。 

そんな政治を、他の何かとひも付けて、 色んな人の「政治」のイメージと
関わり方について聞いてみたら? 

もっと身近に、もっと分かり易く 政治や社会に関わるキッカケが作れるかもしれない!
そんな着想から始まったのが、この YouthCreate Talk! です。

|いま、「地域」で学ぶことの大切さ

第4回YouthCreate Talk!が行われる数日前に、公職選挙法の改正法案が国会で審議入りし、
6月中にも法案が成立→来夏の参議院選挙から18歳以上への選挙権引き下げが行われる見通
しです。


一部の高校3年生と大学生すべてが選挙権を得ることになるこの変化を前に、
「18歳で急に投票なんて無茶だ」
なんて声があるのも事実。


ですが、政治を学べない、学ぶことが出来ない環境に問題があるのであって、18歳でもき
っと1票を投じることは出来るはずです。


その前提となる「学び」に対して、「若者と地域政治をつなぐ」というYouthCreateが掲げ
ているミッションが大きなキーワードになります。


身近な学び、体験や自分事はきっと身に付く


それなら政治だって、いつもクローズアップされる国政よりも、自分の住む街を考えている
市区町村の政治から学んだ方がいい。
議員や首長だって、もっと身近に話がしやすいはずだ。

こうしたことを考える中で、まずは地域で若者向けに体験活動や政策コンテストを実施して
いる2団体をゲストに招き、話を聞いてみることになった、というわけです。

|第1部 団体紹介

まずはゲストにお招きした団体の方から、活動の紹介のほか、高校生を対象とする企画を行う
際の良かった点や大変だった点など様々なエピソードを交えながらお話していただきました。



学生団体スカペンコ 代表 竹岡 力(たけおかちから)氏






NPO法人Curiosity 代表 小川 智康(おがわともやす)氏






第2部 みんなで考えよう!「地域で学ぶ政治」

第2部では、参加者自身がこの日のテーマ「地域で学生が考え、体験し、学ぶ政治」について思 うことや第1部での気づきや質問をホワイトボードに貼り出してもらい、それをピックアップし ながら、全体での議論を行いました。 「学校教育の場でこういった場を取り入れることが大事なのでは?」 「無関心層をどうやって引き込んでいけばいけばいいのか?」 「新しいアイデアを試せる場がどんどん増えればいいのに!」 などなど30分ほどのセッションでしたが、多くの意見が飛び交いました。 ご参加いただいた皆さんありがとうござました!

|余談

区内で開催するイベントでは毎月のようにおせわになっている会場ですが、帰り際に、 皆で気づいて大爆笑! 突っ込みどころ満載…なのは分かりますよね?笑



●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

2015年6月1日月曜日

【6/28(日)開催!】中高生、大学生のみなさんへ! 若者と政治を『つなぐ』 特別プログラムのご招待

若者と政治を『つなぐ』特別プログラム
〜あなたの身の回りの社会を知る〜
中学生、高校生、そして大学生のみなさん!
去る6/17、「18歳選挙権」法案がついに成立しました!
選挙権が18歳へ下がり、政治がより身近になるであろう、中学生、高校生、そして大学生のあなた。
そんなあなたのために、政治参画のための知識を養い、考え、実践していくプログラムをYouthCreateは企画しています。
そして今回は、このプログラムをおためしで体験してもらおう!というコンセプトでプレイベントを開催します!
*プログラム内容
1時間目:『政策メガネ』を通して地域を見てみよう
⇒写真を見ながら、街の中の「政策」をゲーム感覚で探します!
2時間目:地域での生活を支えるしくみを知ろう
⇒政策にはどんな人・モノ・出来事が関わっているか、みんなでわいわい協力して出しあいます!
3時間目:地域の生活を動かすしくみを知ろう
⇒和・洋・中、何を食べに行く?身近な例を出発点に、地域の生活を動かすしくみについて考えます!
「政治」と聞くとなんだか難しそう急に選挙権と言われてもというあなた、お菓子や飲み物を片手に、自分と政治の関わりを一緒に学んでみませんか?
政治の知識は不要です!
周りの友達を誘ってぜひ気軽に参加してみてください!
概要
《対象》中学生、高校生、大学生
《日時》2015628() 13:3016:30
《参加費》中高生、大学生 無料!!
《場所》中野区商工会館小会議室
165-0026 東京都中野区新井一丁目91
JR中野駅北口から徒歩7 早稲田通り沿いブロードウエイ横断歩道渡ってすぐ
《地図》http://goo.gl/maps/jAjqq

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
HP:http://youth-create.jp/ 
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate 
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
メルマガ配信中!!
 http://www.mag2.com/m/0000282073.html
寄付等で活動を支援してくださる方はこちらよりおねがいします。
 http://youth-create.jp/donation/
 
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●